6月25日下野新聞様にて掲載|『こくパリッ』/新型コロナウイルス獨協医科大学病院医療従事者の皆さまへの支援

(2020年06月25日)

新型コロナウイルス対策に奮闘する医療従事者を支援しようと、
家庭園芸用野菜苗生産のパナプラス(栃木市)は6月24日、
獨協医科大学病院に自社で生産しているミニトマト『こくパリッ』1500パックを寄贈しました。

獨協医科大学の医師や看護師の皆さまが、
大好きなトマト』と喜んでくれていたのが印象的でした。

自分たちにできること』として
このような食の支援を通して、
医療従事者の皆さまの心が少しでもホッとする時間を作りたいと思います。

*当該内容の詳細については6月25日付下野新聞様にて掲載されています。